インプラントの前処置

インプラント一連の流れ

インプラントを綺麗に保つために

インプラントとは、顎の骨の中に人工歯根を埋め込み、その上にアバットメントをつけ、さらに人工歯冠をつけて、自然の葉と同じようにきれいで噛む力のある歯を作る事です。人工歯根を埋め込むことは部分麻酔を使った外科手術ですので、CTで前もって骨の状態を撮影しておいてそれに沿って処置をしてゆきます。虫歯がひどく、骨が溶けていれば、人口の骨や自分の骨を移植してからインプラントを行います。健康な人には、人工歯根は効果ある治療法ですが、重度の糖尿病や骨粗しょう症の人は、骨と人工歯根がくっつかない場合があります。さらに、メンテナンスをしっかりしないと、歯周病になる可能性がありますので、定期的に歯医者でクリーニングを行う必要があります。

きれいな状態に保つために

インプラントは、きれいな口腔内でなければ手術を受けることが難しいです。虫歯がある場合には、虫歯治療をしてから行うことが多く、手術をするまでに時間がかかってしまいます。また、歯周病の治療も必要であり、歯周病が重度の場合は手術をすることができないケースもあるため、歯磨きなどのケアを毎日欠かさずすることが大切です。インプラントの手術を受けた後は、定期的に歯科での歯のクリーニングをしてもらう必要があります。普段の歯磨きだけでは取ることができない汚れを落とすことが目的です。きれいにすることによって、半永久的に埋め込んだ歯が使えるため、ケアを怠らないようにする必要があります。

インプラントのための情報

新着情報

↑PAGE TOP

Copyright © インプラント一連の流れ All rights reserved